VOICE ブログ

オートポリス 決勝

昨日の決勝はウエットから始まる難しいコンディションの中でスリックタイヤを選択して追い上げて、優勝することができました!

応援ありがとうございました!


まずは、Team GREENのスタッフ全員と、Kawasakiの皆さんに本当に感謝です。


勝てるバイクを用意してくれて、僕をJSBで勝てるライダーにしてくれて、素直に嬉しいです。


今回の優勝は確かにタイヤ選択が大きな要因だとは思いますが、自分達は決してギャンブルをしたつもりはありません。


レース前のフリー走行で、急激に路面は乾き始めていたので、レインタイヤでは15周持たないだろうと思ったからこそ。


確かにスタート時はまだまだ濡れている箇所がほとんどで、スリックで行くには序盤はリスクはありました。

グリッドでも周りはほとんどがレインタイヤだったので、本当に行けるのか不安になったんですが

もう腹くくって行こうや

って背中を押してくれたチームのお陰です。


あの言葉で本当に救われたました。


Kawasakiにとっては2007年の柳川さん以来11年振りの優勝。

柳川さんの次に自分の名前が来ることはすごく光栄だし、まずはそれを目標に去年からやっていたのでやっぱり嬉しいですね。


チームメイトの克哉も2位の初表彰台でKawasaki Team GREENの1-2!

これはチームとして初めてみたいです。


克哉もおめでとう!


それをKawasakiの地元、オートポリスでできたってことは何より重要だと思っています。


今はホッとした気持ちもあるけど、まず優勝するということが最初の目標だったので勝負はこれから。


次は真っ向勝負して勝てるようにならないといけないと思ってます。

ひとつ勝ったからこそ、しっかり兜の緒を締め直して更に前進していけるようにがんばっていきます。


またみんなで喜べるようにがんばります!